YouTubeマーケティングとは?事例から学ぶ成功の秘訣

今回の記事では「YouTubeマーケティングって何?」という方の疑問にお答えします。

簡単に言うと、動画を使ったマーケティング方法です。

多くの事業主や企業の方も取り入れている、YouTubeマーケティングですが
「特徴」「使い方」「成功するためのコツ」など押さえておくべきポイントはたくさんあります。

初心者の方でもわかりやすいように紹介しますので該当する方はぜひ、最後まで読んでくださいね!

こんな方におすすめの記事です!

・YouTubeマーケティングを知らなかった方
・今から取り入れる方
・取り入れたものの、なかなか結果が出ない方

あてはまらない方も、興味があればぜひ最後までご覧ください^^

YouTubeマーケティングとは?

YouTubeマーケティングとは、googleに次ぐ世界2位のユーザー数を誇る、動画プラットフォームを使い、自社の商品・サービスを動画でアピールする方法です。

YouTubeマーケティングがおすすめな理由

YouTubeマーケティングは、今の社会に適しているといえます。

一番の理由はYouTubeを利用しているユーザーです。

年齢層は子どもから大人まで男女を問わず
月間利用者数は20億人以上と全インターネット人口の約3分の1にあたります。

最近ではテレビ離れも進み「自分の知りたい情報や見たい番組はYouTubeで見る。」
という方が増えています。

また後半で紹介しますが、YouTubeでは動画を閲覧したユーザー情報のデータ分析ができます。
・どのくらいの視聴率があるのか?
・閲覧しているユーザーの分布(年齢・性別など特性)など
こういった情報が集まるので、思うような成果が出ない時はこれらをもとに問題を抽出し修正することができます。
問題点を修正できれば、成果に繋がる可能性がグッとあがりますよね。

YouTubeマーケティングは非常におすすめなマーケティング方法です。

YouTubeマーケティングで得られる効果

YouTubeマーケティングで得られる効果は主に3つです。

YouTubeマーケティングの3つの効果
・顧客の獲得
・自社のブランディング
・自社の認知度拡大

それぞれの効果を得るための上手な活用方法について、次の章で詳しくご紹介します。

 

YouTubeマーケティング3つの活用方法

現代社会に合ったYouTubeマーケティングの活用方法は様々ですが、ここでは代表的なものを3つ紹介したいと思います。

3つの活用方法

① 自社チャンネルの開設
② YouTube広告導入
③ 人気ユーチューバー起用

活用するにあたり、それぞれのメリット・デメリットも紹介します。

今から取り入れる方・取り入れたものの上手くいっていない方は自分に合う方法なのかどうか、チェックしてみて下さいね!

①自社のYouTubeチャンネルを開設する

自社のYouTubeチャンネルを開設し、会社のブランディングや認知度を高める方法です。

<メリット>
・様々な用途で使える(自社PR・キャンペーン告知・新商品やサービスの紹介など)
・気に入ってもらえればチャンネル登録され、再訪問してもらえる
・顧客がファン化する可能性がある
・無料でチャンネル開設ができる

<デメリット>
・動画撮影、編集など制作の手間がかかる
・視聴率を上げる工夫が必要
・すぐに効果が出ない可能性あり

自社で動画を制作するため、コスト面では安く済みますが、制作するのに時間がかかります。

同じような目的でYouTubeマーケティングをしているライバルも存在するため、検索上位表示がされる工夫や、他の動画に埋もれない工夫をしないと、見てもらえる確率が低くなります。

上手くいけば、会社のブランディング+集客した顧客がファン化し、売り上げUPが期待できます。

時間がかかりますが、コストは安く抑えられるため、SNSなど他のツールを組み合わせるなど、工夫次第でデメリットはクリアできます。
どう取り組むかがポイントですね。

②YouTube広告で商品・サービスを販売する

動画の再生前・途中・終了後に広告を流す方法です。
テレビCMのように商品・サービスの認知度を高め、販売を促します。

<メリット>
・様々な動画チャンネルで放送され、ユーザの目に触れる機会が多い
・広告のフォーマットが様々で、自社に合ったものが選べる

<デメリット>
・コストがかかる
・広告をスキップされ、最後まで視聴してもらえない可能性がある

様々な動画チャンネルで放送されるため、ユーザーの目に触れる機会が圧倒的に多いです。

しかし、広告出稿にはコストがかかるのと、広告の種類によってはスキップが可能で、最後まで視聴されない可能性もあります。

ここでのポイントは広告を見て「いかに商品・サービスに興味を持ってもらうか」という事です。
・魅力的な広告作りや最後まで見てもらえるような工夫
・スキップされても伝わるように初めに伝えたい内容を入れ込むなど工夫
など、デメリットを想定して広告を作成する必要があります。

③人気ユーチューバーを起用して話題性・認知度を上げる

人気ユーチューバーを起用し、その方の影響力を取り入れる方法です。
数百万というチャンネル登録数を持つようなユーチューバーに、自社の商品・サービスを紹介してもらえれば一気に認知度があがります。

<メリット>
・起用するユーチューバーのファン層がわかるため、ターゲティングしやすい
・チャンネル登録者数が多く、認知度が一気に高まる
・潜在顧客層も狙える

<デメリット>
・コストがかかる
・PRする商品、サービスの特性がユーチューバーと異なると成果に繋がらない可能性がある

人気ユーチューバーはチャンネル登録者数も多く、固定のファンもたくさんいるため、起用することで一気に認知度が高まる可能性があります。
そのユーチューバーのファン層が自社のPRしたい商品・サービスと合えば、売り上げUPに繋がる可能性大です。

その分、コストがかかる点、ユーチューバーのファン層と自社のターゲットにしている顧客層が異なれば思った成果が得られない可能性もあるため、起用する際は慎重に検討する必要があります。

 

参考にしたい!3つの成功事例と共通点

事例①:エイベックス(avex)

所属歌手の動画を定期的に配信し、曲や歌手の認知度を高めています。
ファンが最新情報を得るのにも重宝されているチャンネルです。

話題性や認知度の獲得に成功している一例です。

公式チャンネルはこちら

事例②:シネマトゥデイ

主に映画の予告編を流しているチャンネルです。
新作や話題の映画の予告編を気軽に視聴でき、多くの人が視聴しています。

最新情報を提供することで、顧客獲得・認知度・話題性を獲得するのに成功している一例です。

公式チャンネルはこちら

事例③:ルイヴィトン

こちらのチャンネルでは商品の紹介だけではなく、商品を作っている工場の様子も紹介しています。
この動画の再生数は、なんと1,300万回以上にものぼります。

実際に商品が作られている裏側を見せることで企業の信頼を高めている、会社のブランディングに成功した一例です。

公式チャンネルはこちら

 

YouTubeマーケティングに必須!分析方法について

YouTubeマーケティングは、テレビCMなどと違い、動画や広告を視聴したユーザーの詳細がデータとして残ります。

上手く活用することで、見られない動画を見られる動画に修正することも可能です。
YouTubeマーケティングを行う場合には必須です。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、ぜひチェックしてください。

【解説】YouTubeアナリティクスの見方と活用方法

多くの事業主・企業が行うYouTubeマーケティングは活用すべし!

今回はYouTubeマーケティングとはなにか?活用方法や実際に取り入れている企業の成功事例も合わせて紹介しました。

活用方法は主に3種類ありますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

YouTubeマーケティングの効果も様々ですので、企業の成功事例を参考に、自分が何を目的に取り入れるのか考えてみるといいかもしれませんね!

 

太郎社長太郎社長

動画に関するお問い合わせ受け付けております。
YouTubeマーケティングでお困りの方・取り入れを検討されている方・お悩みの方も、ぜひ当社にご相談下さい!