YouTubeマーケティングの動向|データから読み取る活用方法

この記事ではYouTubeを使った動画マーケティングの動向について取り上げます。
動画マーケティング市場は拡大傾向にあり、今後も成長が期待されています。

動画マーケティングを取り入れる企業が急増している理由は何だと思いますか?

今回はその理由を調査し、多くの企業が取り入れている動画マーケティングの動向をチェックします。
多くの人が参戦する中、今後どのように活用すれば良いのか?
うまく活用するポイントを考察していきます。

YouTubeマーケティング|市場は拡大!その理由

YouTubeを使った動画マーケティングの市場が拡大している理由は「動画自体の特性」と「時代の流れ」の2つにあると考えられます。

理由①動画の特性:静止画・テキストと比較し、多くの情報が素早く明確に伝わる

動画は静止画の約30倍・テキストの約100万倍以上の情報量があると言われています。
また、人が情報を受け取る場合(聞き手として)、視覚55%・聴覚38%・言語7%からだと言われています。※メラビアンの法則より

動画は「動く画像」+「音声」の両方で情報を伝えることが可能なツールです。
このことから、動画では発信する側・受け取る側の双方の情報量が多いことが分かります。

マーケティングにおいて、これほど優れた情報伝達方法はないと考えられます。

理由②時代の流れ:デバイスや通信環境、SNS利用者の増加

時代の流れというとざっくりとした感じになりますが、具体的に上げると以下の3つの要素が最も影響を与えていると考えられます。

<デジタルデバイスが一般的な所持品になった>

今はほとんどの方が1人1台スマホを所持している時代です。
中には、大きな画面で視聴するためにタブレットを所持している人もいると思います。

スマホであれば動画もスムーズ再生することができ、好きな時・好きな場所で気軽に視聴できます。
そのため、動画がより身近なものとなり、YouTubeの視聴者が増加した要因と考えられます。

<通信環境が整備された>

データ量の多い動画をスムーズに視聴するためには通信環境が整っていることが必須です。
時代の流れとともに、光回線や5Gもリリースされ、通信環境は整ってきました。

そのため、ストレスなく動画を楽しむ環境が整い視聴者もどんどん増えているのが現状です。
人が多く集まるのであれば、マーケティングをのに最適な場所になりますよね。
これも動画マーケティング市場が拡大した要因であると考えられます。

<SNS利用者が増加した>

YouTubeをはじめとするSNSの利用者が増加したのも、市場拡大に影響を与えた要因です。

デバイス・通信環境が整ったこともありSNSの利用者が急増しました。
その中でも、SNSで動画を視聴している97%の方がYouTubeを利用しているという調査結果もあがっています。
参考:動画配信ビジネス調査報告書2019

ぴっぐ先生ぴっぐ先生

以上のことから、YouTubeを使った動画マーケティング市場が拡大した理由がわかります。

 

YouTubeマーケティングの動向|今後も成長見込みあり!始めるなら今

もうすでに、生活になじんできているYouTubeでマーケティングをするのは遅いんじゃないの?
という疑問を持つ方も居るかもしれません。

しかし、結論からいうと「今後も成長する見込みは十分」ありますし、ビジネスにYouTubeを使った動画マーケティングを取り入れていることが当たり前になっている可能性も十分にあります。

それを裏付けるデータを見ていきましょう。

年代別、インターネット接続端末・スマホの保持率

画像引用:インターネット接続端末

まずこちらのグラフから読み取れるのは、「今後インターネットに接続しているスマホを持つ人口が、増える可能性がある」という事です。

今現在、50歳未満の年齢層が保持しているインターネット接続端子(デバイス)は約90%がスマホです。
対して60歳以上は60%代です。

これが10年後になると、グラフはどう変化するでしょうか?
間違いなく、インターネットに接続しているスマホ保持率は増加すると考えられます。

動画マーケティングの市場が拡大した要因の一つにデバイスの普及があったことを考えると、まだまだ市場が成長する可能性を秘めていることが分かります。

 

画像引用:スマートフォンの個人保有率の年代別推移

こちらのグラフからは、年代別のスマホ個人保有率が分かります。
先程のグラフと同様に、年齢増が上がるにつれて普及率が低いことが分かります。
年数が経過すれば、スライド式にスマホ普及率は増加することが予想されます。

※データ・画像は全て平成30年度版 情報通信白書|総務省より引用

1人あたりのスマホを使用した月間動画視聴時間は5年間で約4倍

画像引用:Digital Trends 2019上半期|ニールセン デジタル株式会社

こちらのグラフから、動画の視聴時間が年々増加傾向にあることが分かります。

また、毎月20億人以上が利用しているYouTubeですが
「1日あたりの動画視聴時間10億時間を超え」
「視聴回数は数十億回」というデータがあります。
また、約70%がスマホから視聴していることが分かっています。
※参照:YouTube about プレスルーム

ぴっぐ先生ぴっぐ先生

2019年までのデータになりますが、外出自粛の影響などもあり、おそらく現在も成長が続いていることが予測されますね。

日本におけるYouTubeの利用率は77%

画像引用:YouTubeの日本の利用率は77%とGoogleが発表(2016年調査結果)/ Web担当者Forum

日本人の77%がYouTubeを利用していることが分かります。
こちらのグラフでも、年齢層が上がるにつれ、YouTubeの利用率が下がっています。

年数が経過するごとに、さらに利用者数が増加することが見込まれます。

動画広告市場市場規模推計・予測は右肩上がり

画像引用:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施|株式会社サイバーエージェント

YouTubeなど、視聴中に出てくる動画広告の市場規模推計・予測です。
デバイス別にみると、圧倒的にスマホが多いです。

また、市場規模の予測自体も右肩上がりに成長しています。
マーケティングツールの1つである動画広告の市場も成長が期待されていることから、YouTubeを使った動画マーケティングもまだまだ成長することが予測されます。

ぴっぐ先生ぴっぐ先生

以上、4つのデータをピックアップしてみていきました。
動画マーケティング市場の成長には、まだまだ伸びしろを感じますね!

まだまだ参入の余地は十分にあるといえます。

データから読み取る!今後の活用方法

動画マーケティング市場が成長した理由と現状・動向から読み取る、活用するにあたってポイントになるのは3つです。

<ポイント>
・「スマホ」からの視聴が主流
・YouTubeの日本での普及率は約80%
・動画広告の市場規模も成長が予測されている

これらのポイントを抑えるために
スマホからの視聴を念頭に置いた、動画制作と制作にあたりマーケティング戦略をしっかり練る
マーケティンツールの1つである動画広告も活用するが必要になると考えます。

YouTubeを使った動画マーケティングはまだまだ参入の余地があります。
まだの方は、この機会にぜひ取り入れてみて下さいね^^

 

太郎社長太郎社長

もし動画マーケティングについて、悩まれたり困っている方・誰かに相談したい…という方
ぜひ、お気軽にご相談下さい^^

お問い合わせはハードルが高い…!という方へ
↓↓まずは、メルマガ登録をどうぞ↓↓

↑お問い合わせもできます↑
こちらからどうぞ