fbpx

【事例つき】参考にしたい企業のインスタ活用〜動画の効果と活用事例〜

ユーザーの目を引き強い印象を残す「動画コンテンツ」。
すでにInstagramの投稿に動画を活用している企業は、どのような運用・工夫をしているのでしょうか?

そこで今回はInstagramをうまく活用している企業アカウントを取り上げて、成功しているポイントを調査・考察してみました。
[食品][化粧品][生活]の3つジャンルに分けて、動画活用事例とともに紹介していきます。

食品関連

エスビー食品株式会社

エスビー食品の公式アカウント「sbfoods.officialk」では、プロの料理家さんとコラボしたレシピやアイデアが紹介されています。
商品の豆知識と身近な食材で簡単に作れる料理動画が人気で、メニューの幅もサラダ系、スープ系、肉や魚系など充実しています。
一見手間がかかりそうな料理でも簡単に美味しく作るための工夫が、約1分の短い動画の中にテンポよく収められています。またテロップ(字幕)の見やすやも印象的です。

コメント欄には「美味しそう」「この手があったとは…」など反応があり、定期的なインスタライブでファンを飽きさせない工夫も上手です▼

セブンイレブンジャパン

コンビニのセブンイレブンの公式Instagram「seven_eleven_japan」では、ストーリー投稿、リール投稿に効果的に動画が活用されています。
こちらの動画は30.5万再生、いいね!は8400個の反応がありました。
また商品の特徴を伝えるだけでなく『頑張った自分へのご褒美に…』と演出がとても上手です。
日々の仕事や家事、育児、勉強などたくさんのやるべきことに追われている人たちの心を掴んで、思わず「食べてみたい!」と思ってしまいます。

セブンイレブンジャパンの投稿は、Instagramのメインユーザー層である20代〜30代の女性が好みそうな投稿がとても多いです。

視聴者に届く工夫やアイディアが非常に参考になります▼

化粧品関連

SK-II

SK-IIの公式アカウント「skii」では、商品情報などティザー動画が投稿されています。

ティザー動画とは、意図的に商品の要素を隠して「気になる!」「もっとみたい、知りたい!」と消費者の注目を集めることを目的とした手法のひとつです。
10秒ほどの短い動画がテンポよく投稿されており、もう少し続きをみたくなるような終わり方になっています。
(筆者はついつい2〜3回再生してしまいました)

また商品情報以外にも、化粧水のシーンなど明るく・楽しく表現されているのが印象的です。

動画を見ていると思わず「ふっ」と笑ってしまいます▼

 

ロゼット株式会社

洗顔料の老舗ブランドであるロゼット株式会社の公式Instagram「rosette.official」では、
【会社が制作した商品紹介動画】と【一般ユーザーの投稿した画像を使った商品紹介動画】が効果的に活用されています。

一般ユーザーの投稿した画像を使った商品紹介動画は、

  • ユーザー目線でのリアルな口コミを知ってもらう
  • 第3者の意見から、
    商品や会社に対する信頼度を高めることができる
  • 自社で撮影した素材を用意しなくても、
    ユーザーが投稿した画像をつなぎ合わせて動画を作ることができる
  • 投稿制作の負担が軽減される

などのメリットがあります。

リアルな口コミを活用した動画事例です▼

生活関連

Panasonic

パナソニックの公式Instagram「panasonicjp」では、”毎日の暮らしをより便利に、より素敵にする” をコンセプトに運用がされています。
商品紹介動画では、商品機能よりもライフスタイル重視の動画構成になっています。

「その商品でなにができるのか」を、日々の暮らしやライフスタイルを演出しながらわかりやすく伝えられているのが印象的です。
またレシピ紹介の動画では料理の中にPanasonic製品が使われています。

生活に寄り添った動画にすることでうまくセールス色を抑える工夫もされています▼

無印良品

無印良品の公式Instagram「muji_global」では、
商品情報だけでなく ”くらしのコツ” が動画で投稿されています。

  • 無印スタッフがおすすめする夏のTシャツスタイリング
  • 洋服収納のコツ
  • 「体にフィットするソファ」を使った休息のヨガ

など、思わず見たくなる動画内容です。

シンプルな動画の作りではありますが、日々の暮らしに役立つコツがわかりやすく説明されています▼

Instagramで動画を活用する際のポイント

次に、インスタグラムで動画を活用するときに気を付けるべき3つのポイントを紹介していきます。

ポイント①見てくれるユーザーの心を掴む内容を発信する

InstagramだけでなくSNS全般に言えることですが、動画を制作する際に大切なのは見てくれる人のタメになる情報を伝えることです。売り出し感や広告感が強すぎると、ユーザーとの間に距離がうまれやすくなります。
商品やサービスの情報を『知ってもらう、伝える』ことを意識して、企業の認知度アップやファンとの交流の場を増やす発信内容を心がけましょう。

ポイント②映像×音楽でより印象的に

“映像(視覚)×音(聴覚)” の相乗効果によって、より感情に深く届き、見ている人の記憶に残りやすい動画になります。
Instagramのストーリー機能には、「ミュージックスタンプ」といって人気アーティストの楽曲を写真や動画に気軽に載せることが可能です。
「音」を組み合わせるだけで雰囲気がだいぶ変わります。ぜひ活用してみてください。

ポイント③文章はシンプルでOK

写真と動画がメインのInstagramでは、文章はわかりやすくシンプルなものでOKです。
あまり長文すぎると読まれません。
写真や動画の補足をするぐらいのイメージで、一文はなるべく短く、テンポよく読める工夫をしていきましょう。

Instagramで動画を活用しよう

企業のインスタ活用として、事例とともに動画を制作する際のコツやポイントを紹介していきました。
自社の企業アカウントを立ち上げる前に、どのように活用し運用していけばいいのか、インスタでの動画活用の参考になれば幸いです。

https://fukuoka-doga-studio.com/wp-content/uploads/2022/03/太郎社長-300x300.jpg
太郎社長

動画の制作・ライブ配信・SNSについて相談したい方
下記のLINEよりお気軽にお問い合わせください^^

 

↓↓お気軽にメッセージ下さいね☆↓↓

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP