ライブコマースするなら?おすすめの配信サービスを紹介
はてな

ライブコマースをするには、どの配信サービスを使えばいいの?

ぴっぐ先生ぴっぐ先生

本日はこの悩みを解消すべく、配信サービスの選び方・おすすめの配信サービスをピックアップして紹介します。

ライブコマースはECサイトのデメリットをカバーし、商品購入率がUPする実演販売型の販売手法です。
日本の認知度はまだまだ低いですが、導入している大手企業もあり、大きな成果を上げています。

今回の記事が、あなたのビジネスと相性が良い配信サービス選べるお手伝いができれば幸いです。

ライブコマース|配信サービスの選び方

ライブコマースを行う配信サービスを選ぶ場合に注意する点は4つです。

配信サービスを選ぶ時の4つのポイント

①ライブコマースの主な出演者
②ユーザー層(視聴者層)
③自社の販売商品
④コスト

①ライブコマースの主な出演者

配信サービスで出演している主な出演者を確認しましょう。
芸能人や著名人、インフルエンサーしか配信できなもの、法人のみ、一般ユーザーや出品者本人が出演できるものなど様々です。

そのため、誰に出演してもらうのかを決め、配信サービスを選ぶ必要があります。

芸能人や著名人、インフルエンサーなどに出演してもらえれば、その方の影響力も加わり商品購入率が上がる確率もありますが、人件費も多くかかる場合が多いです。

自社の販売スタッフや商品開発に携わった社員など一般人を出演者に置きたいならば、登録時に出演可能かの確認を行い登録を行う必要があります。

②ユーザー層

配信サービスを利用している主なユーザー層を確認しましょう。

ユーザー層が自身の狙っているターゲット層と異なる場合は思った成果が上げられない可能性があります。

例えば、10代~20代の学生・独身女性が主なユーザーである配信プラットフォームに、男性用のスーツなどビジネスマン向けの商品を紹介するとどうなるでしょうか…?

残念な結果になるのが目に見えていますね。

ライブコマースを行う場合は、商品に合うターゲット層が集まっている配信サービスを選択しましょう。

③自社の販売商品

配信サービスによって、取り扱っている商品が異なります。
商品に合うサービスを選ぶことで需要が得られ、販売に繋がりやすくなります

ライブコマースは商品の使用感・静止画やテキストでは伝わらない商品情報が伝えられるメリットがあります。
視聴者の疑問に即座に回答できるリアルタイムでのコミュニケーションも魅力の一つです。

そのため「衣類」「美容品」「家電製品」などの商品と相性が良いと言われています。

取り扱う主力商品の選定を行い、それに合った配信サービスを選択することがポイントです。

④コスト

配信サービスによってかかる費用が異なります。
登録料が必要なもの、商品購入に対する手数料が発生するもの…
他にも、ライブ配信自体に使用する機材や場所にかかる費用など様々です。

必要なもの、それにまつわるコストを洗い出し、予算を組んで、利用する配信サービスを選定しましょう。

売上UPが見込まれるから!と、どんぶり勘定で臨むと手元に残る利益がない…という悲劇に繋がりますよ!

ライブコマースおすすめ配信サービス6選

ここでは規模をはじめ、地域密着型・越境型を考えている方など、特徴のある配信サービスを紹介します。

話題性のある商品なら【SHOPROOM(ショールーム)

芸能人や著名人による配信が多く、ユーザー層は比較的若い年代です。
ドラマで着用した衣装やアイドルがプロデュースした商品など、話題性のある商品が販売されています。

ライブコマースの導入にサポートが欲しい企業は【TAGsAPI(タグズエーピーアイ】

自社サイトにライブコマースサービスを構築するタイプの配信サービスで、導入から撮影まで充実したサポートを受けられることが特徴です。
三越伊勢丹・ビッグカメラなど大手企業も参入しています。

販売商品のジャンルは制限がないため、ユーザーも多種多様で幅が広いです。
ライブ配信者はモデルから商品販売員と様々です。

配信規模も数百万人を大規模です。

規模の大きな配信サービスを検討しているけれど、ライブコマース導入に不安を感じている方におすすめです。

集客力が強み【ABEMA Shopping(アベマショッピング)

ユーザー数が多いAbemaTVを利用した集客力のある配信サービスです。
配信者が芸能人や著名人が中心です。

2020年4月から放送開始のシリーズでは食品販売の番組を報道したり、「KANCOS」という韓国コスメを取り上げた番組を報道し、注目を集めました。

商品購入の際は別サイトへアクセスが必要で、TVショッピングに近い感覚の配信サービスとなっています。

出品できる商品が幅広い【Yahoo!ショッピング LIVE】

Yahoo!ショッピングに出店している店舗であればだれでも配信できるサービスです。

商品ジャンルはYahoo!ショッピングに出品できる物であればなんでもOKです。
ユーザー層も幅広く、規模が大きいと言えるでしょう。

Yahoo!オークションと異なり、取り扱い商品は新品で、ライブの配信時間は30分です。

Yahoo!ショッピングでショップを開いているのであれば、まずはこちらから導入してみてはいかがでしょうか?

九州の名品・逸品を全国に届けたいなら【Cocokara LIVE】

2018年10月よりリリースされた、九州のこだわりの名品・逸品を紹介するライブコマースアプリです。

九州のまだ知られていない名品・逸品を全国に届けたい!という熱い思いのある方が参加されています。
そのため、配信者は九州の生産者に限定されています。

中国へ進出するなら【Taobao(タオバオ)】

中国発祥の「2時間で3億円売り上げる」という伝説を作った配信サービスです。
ライブコマースの火付け役とも言われています。

配信者は著名人・一般人誰でも可能です。
ユーザーが多いため、定期的に配信することで一般人でも数千人の視聴者を集めることも可能だといわれています。

中国に拠点がない場合は、出品のための手続きが必要になります。
中国への展開を検討している企業におすすめの配信サービスです。

自分にあった配信サービスを導入し商品購入率をUP!

ライブコマースを行うために必要な配信サービスを選ぶポイントは4つです。

自分に合うものを選ばなければ、ライブコマースのメリットを生かしきれず失敗に終わる可能性が高まります。
特に、配信サービスを利用するユーザー層に配慮しなければ、どんなに良い商品を紹介しようと商品購入にはつながりません。

ユーザー層を含めた配信サービスの特徴や、自身の扱う主力商品、求める機能を加味し、選択する必要があります。

あなたにピッタリの配信サービスが選べれば、期待する成果が得られ、売上が飛躍的に伸びるかもしれませんよ^^

福岡動画スタジオでは、動画の撮影から動画・ライブ配信を使った
ビジネス企画などの相談も承っております。

ご相談や質問があれば、お気軽にお問い合わせください。