動画活用法

動画が生活の一部に入り込みつつある今、企業でも用途を見極めながら、効果的に動画に置き換えていく動きが進んでいます。

ビジネスで動画活用を成功させるためには、まず正しく「動画の価値」や「目的」を理解しておきたいものです。

何のために動画を使いたいのかが不明確だと、本来の動画の効果を発揮せず無駄骨を折ってしまいます。

そこで本記事では、
動画の導入を検討している企業に向けて、

  • 動画の特質
  • 動画活用のメリット、デメリット
  • 動画活用の4つのパターン

    を紹介していきます。

     

    この記事が動画活用をするにあたっての不安を少しでも取り除ければ嬉しいです。

    情報量5000倍!動画活用のメリット・デメリット

    動画には文章や写真の5000倍の情報量があると言われており、「文字だけ」「写真(画像)だけ」よりも多くの情報を視聴者へ届けることができます。

    近年では企業のHPで動画が活用されることが多くなってきましたが、動画を活用するとどんなメリット・デメリットがあるのかみていきましょう。

    メリット

    圧倒的な伝わりやすさ

    [文字+写真]だけでは視覚のみでのアプローチしかできませんが、動画は「視覚(映像)+聴覚(音、声)」へのアプローチができます。

    文章であれば長々とした説明、写真や画像であれば何枚も必要とするものでも、動画であれば複雑な内容でも短時間でわかりやすく伝えることできます。

    • 商品やサービスの紹介
    • 採用活動、企業紹介
    • How To
    • ビフォー・アフター
    • 営業ツール

    などなど、
    写真や文章だけではなかなか伝えづらかったものも、動画を活用することで視聴者の理解を深めてスムーズなコミュニケーションが可能です。

    気軽に見てもらいやすい

    文章の場合、
    読むこと自体がめんどくさかったり、自分の欲しい情報がどこに書いてあるのかが見つけにくかったりします。

    そのため読む負担が大きく、内容に関心を持った人が積極的に読み進めていく必要があります。

    動画の場合は、
    再生ボタンをクリックすれば見ることができます。動画閲覧の敷居が低く、文章よりも閲覧される可能性が高いです。

    • 社内向けマニュアル
    • 説明書

    など、
    なかなか読まれずにいたものを動画に変えることで気軽に見てもらいやすくなります。

     

    感情にアプローチし、記憶に残りやすい

    動画は、映像と音声を使って「視覚」「聴覚」の2つに働きかけることができます。

    笑顔の人を見ると自分も自然と笑顔がこぼれてしまうのと同じように、「動き」による訴求は目に止まりやすく心にも残りやすいです。

    解説をより理解させる時などにも、動画は効率的かつ効果的です。

     

    デメリット

    動画制作にハードルが高いと感じる人が多い

    年々注目を集めている動画ですが、「何から準備すればいいのかわからない」「動画制作への予算がとれない」などの理由で最初から諦めてしまっている企業も少なくはありません。

    動画の市場は大きくなっているものの、まだまだ動画活用がされていない業界もあります。

    完成までに時間がかかる

    1本の動画ができあがるまでに【企画→撮影→編集→公開】の4つの段階があります。

    • 編集ソフトの慣れ、不慣れ
    • 尺の長さ
    • クオリティ

    によって作業時間は大きく変動します。

     

    企業が取り組みやすい4つの動画活用法

    セミナー、イベント、会議を動画化

    • 展示会でのセミナー
    • 企業がおこなっている様々な活動の様子

    を動画化することで、
    遠方で参加できない人、時間の都合がつかない人へのアプローチに効果が期待できます。

    また、社内会議を動画にすることで業務にも役立てられます。いつもおこなっている様子を撮影するだけなので、負担が少ないのも良いところです。

    社内マニュアル

    今までテキストを読み込んで理解するのに時間がかかっていた複雑な内容も、動画にすることで「視覚」「聴覚」の両方から学べるので理解度が深まります。

    • 業務手順
    • 接客マニュアル
    • トップセールスマンによる営業マニュアル

    などなど、
    動画化することで話し方や声のトーンなども一緒に理解ができます。

    さらに、一度制作をすれば何度でも見返すことができるのも良い点です。

    商品・サービスの紹介動画

    情報伝達力が高い動画なら、使用方法が難しい商品やWebサービスなどの無形商材でも、分かりやすく魅力的に伝えることができます。

    • イベント・商談での商品紹介に
    • 店頭でのデジタル看板に
    • 自社のHPやSNSに
    • 商品のイメージアップに

    などなど、
    工夫次第で色々な活用ができます。

    PV(プロモーションビデオ)

    動画ならさまざまな演出を加えて、視聴者の印象に残りやすいコンテンツを作ることが可能です。

    オリジナリティにあふれた動画は、自社ならではのイメージ・企業の信頼感・ブランドへの共感を生むことができます。

    企業のための動画活用法まとめ

    「動画」が私たちの生活にこれほど入り込んでくると、企業も動画を活用した政策が必要となってきます。

    動画は「視覚」「聴覚」の両方からダイレクトに訴えかけることができるので、文字と写真のみでは伝えることが難しかったことも、多くの情報を短時間で伝えることが可能です。

    今回紹介した活用法以外でも動画は活躍するシーンがたくさんあります。

    ぜひビジネスに動画を取り組んでみてくださいね。