YouTube SEO対策|動画を上位表示させたい人必見!

動画マーケティングのためにYouTubeへ参入し、動画をアップロードしても
見られなければ意味がないですよね。

今回はYouTubeにアップロードした動画を1人でも多くの人に見てもらえるよう
検索上位表示のコツを紹介します。

皆さんはご自身のチャンネル視聴率には満足されているでしょうか?
YouTubeやブログ運営に携わっている方であれば「SEO」という言葉を聞いたことがあると思います。

散々調べたし、知っているという方も多いかもしれませんが
SEO対策はキーワードを入れ込むだけで終わりではありません。

「そうなの?」という方
→ぜひ今回の記事を最後まで読んでください。

「色々対策してるけど、上位表示は難しいんだよねー」という方
→今回の記事を見直し少しでも役立つ情報を拾っていってください。

「今からYouTubeに参入しようと思っています!」という方
→動画作成をする前に、ぜひ読んで制作効率をあげてください!

YouTube SEOとは?検索上位表示のための対策です!

SEOとはSearch Engine Optimization:検索エンジン最適化のことで、検索をかけた時に上位に表示されるようにするための工夫です。

例えば、Googleで調べ物をする時に、調べたい単語を入力して検索をかけますよね。
その時に一番上に表示されるようにする対策の事です。

YouTubeでも上位に表示されるために同じような対策が必要になります。

皆さん経験があるかもしれませんが・・・
検索をかけた時って、基本的に一番上に表示されたものから見ていきませんか?
わざわざ、下の方にスクロールして閲覧することはあまりないと思います。

なので、見てもらえる動画というのは検索エンジン上位に表示されることが重要なポイントになります。

SEO対策と言えば「キーワード」が大切!
という事は結構な人が知っていると思いますが、「キーワード」を工夫するだけでは検索上位表示は難しいです。

次の章ではキーワード選定と、その他重要なSEO対策をご紹介します。

SEO対策3つのステップ

YouTubeで検索上位を狙うためのSEO対策3つのステップについてご紹介します。

対策①:キーワード選定

まずは、先ほども挙げたキーワードの選定です。

キーワードの選定で重要なのは2点です。
・自分の動画を検索する人が入力するキーワードはどんなものか?
・そのキーワードは世間では何人が検索に使っているのか?(検索ボリューム)

ここを外しているならば、まずは対策①からやり直しです。

自分が「○○」という文言で検索をかけてくるだろう!
と予測しても、実際検索に使われているのが0であれば、永遠に検索されません。
そのため、このキーワードでは上位表示が狙えないことがわかります。

キーワード選定に便利なツールについては記事の後半で紹介しています。

対策②:動画制作時、8つの対策

動画を制作する上での8つの対策を紹介します。

【1~5.キーワードを活用した対策】

動画制作8つの対策:1~5

1.ファイル名にターゲットキーワードを入れ込む
2.動画のタイトル名にキーワードを入れ込む
3.説明文を最適化する
4.タグ付け+ハッシュタグの活用
5.字幕・文字おこしを活用

ここでポイントになるのが、先ほど選定したキーワードはテキストとして残すことでYouTubeの検索エンジンが認識するという点です。

そのため、動画内で出演者がキーワードを連呼しても、検索エンジンは認識してくれないという事です。
動画制作8つのポイントのうち、この5つの部分でキーワードを役立てましょう。

 

【6~7.視覚的な対策】

動画制作8つの対策:6~7

6.再生リストを使いカテゴリーを整理
7.サムネイルを工夫する

動画検索時に見たい動画なのかどうか?がすぐわかるよう、目を引く工夫をしましょう。
同じキーワードでも、検索して表示される動画の内容は様々です。

どんな人に見てもらいたい動画なのか?
この動画をみれば何がわかるのか?
これが瞬時にわかると、あてはまるユーザーは動画を視聴してくれます。

また、見るつもりはなくても
インパクトのあるサムネイル
どんな内容なのか興味がわくようなサムネイル
に仕上げることで、ユーザーの興味を引き、動画の視聴に繋げることもできます。
キーワードの対策に合わせ、視覚的な対策も施しましょう。

 

【8.チャンネル登録者数UP対策

動画制作8つの対策:8
8.カード・終了画面を作る

動画は1度UPしたら終わりではありません。
むしろ、1度UPしたくらいでは他の動画に埋もれ、見つけてもらう事すらできないでしょう。

今後もUPしていく動画を視聴してもらうために、チャンネル登録を促しましょう。

複数の動画をUPしているのであれば、過去のおすすめ動画・視聴率の良かった動画・関連動画などを終了画面で紹介し、別の動画の視聴へも誘導していきましょう。

チャンネルを気にってもらえれば、過去の動画をさかのぼって視聴したり、新しい動画がUPするたびに視聴してもらえる可能性が高まります。

ぴっぐ先生ぴっぐ先生

動画制作の時点で工夫できるのは、これらの8個です。
次の章では検索上位表示をするために、動画アップロード後に意識して確認すべきポイントを紹介します。

対策③アナリティクスを使い分析する

上位表示に関わってくる要素としてチェックしておきたいのが「動画の再生時間」「評価」「コメント」「視聴率の維持」などです。

これらは実際にYouTubeへ動画をアップロードしないと確認することができません。
アップロード出来たら、動画の視聴状況をチェックし、思ったような結果になっていなければ原因を考え、対策を取る必要があります。

SEO対策おすすめのツールを紹介

ここでは動画制作+視聴状況確認のためのツールを紹介していきます。
検索上位表示を狙うなら必ず必要になるので、参考にして取り入れて下さい。

動画制作時【キーワードの選定・検索ボリューム】無料チェックツール

キーワードの選定はkeyword toolがおすすめ

狙うキーワードの候補を探すために使用するツールです。
例えば「音楽」というキーワードを入力すると、それに関連するキーワードが複数出てきます。

keyword toolは無料で使えるので、何も導入していないのであればまずはこちらをおすすめします。

→keyword toolはこちら

検索ボリュームはGoogleキーワードプランナー

次に、候補にしたキーワードがどのくらい検索されているのかをチェックします。
先程もあげましたが、ここで検索ボリュームが0の場合は、永遠に検索上位表示はできません。

少数でも調べている人がいるキーワードを抽出し、入れ込んでいきましょう。

→Googleキーワードプランナーはこちら

動画アップロード後【アナリティクス】

視聴率・再生時間などのチェックツールに「アナリティクス」があります。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【解説】YouTubeアナリティクスの見方と活用方法

検索上位表示のためにはSEO対策を取り入れよう!

膨大な数の動画にあふれるYouTubeで自分の動画を見てもらうためには
検索上位に表示させるSEO対策が必要です。

SEO対策は「動画を制作時」と「動画アップロード後」に必要です。

動画制作時にはキーワードでの対策・視覚的な対策・チャンネル登録者数を増やす対策を取ります。
アップロード後は視聴率や再生時間など、上位表示に関わってくる要素を確認し、思った結果出ていない場合には動画を見直す必要があります。

SEO対策は地道に感じるかもしれませんが、コストをかけずにできます。
これから動画制作に取り掛かる方は、ぜひ意識してみてくださいね^^

思ったように視聴率が伸びていない方も、この記事が参考になれば幸いです。

太郎社長太郎社長

動画の事なら福岡動画スタジオにおまかせください!